音楽を中心にジャンルに囚われず。漫画、アニメ、グルメなど気に入った物を紹介していきます。

  たる’sわ~るどの嗜好物日記のナビゲーター   トップページ > スポンサー広告> PROG & HARD > Fool For The City  

スポンサーサイト

-- - --/-- [--] - --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Fool For The City

2007 - 07/08 [Sun] - 02:33


Fool for the CityFool for the City
(1990/10/25)
Foghat

商品詳細を見る


ffc

フール・フォー・ザ・シティ / 永野 護

私がまだ名古屋にいた頃(20年位前)ふと、立ち寄った本屋のコミックコーナーに「フール・フォー・ザ・シティ」の文字が・・・「なんだ?FOGHATのアルバムタイトルなんか題名にして!」半ば嘲笑気味につぶやいたのを覚えている。

FOGHATの「LIVE」というアルバムは私の高校時代のフェイバリットでありそのTOPを飾る名曲だった。スタジオバージョンもいいが、「LIVE」にはかなわない!

それから、このコミックのことが気になり「気になるなら買ってしまえ」と頭の中で誰かが叫んだので、本を手に取りレジへと持っていった。当時は漫画を買うことに少し抵抗があり(20代後半だったからね)なぜかドキドキしながらレジに並んでたのを記憶してます。

さて、この漫画、タイトルだけFOGHATの曲を使用したのかと思いきや、この曲自体が物語の重要なアイテムとして使用されているではないですか!ストーリーは当時よくあったマイノリティへの迫害?をテーマにしていて、ロックを演奏できない世界が舞台のSFでしたね。

ストーリーはここで補完してね↓
http://ja.wikipedia.org/wiki/FOOL_for_THE_CITY

私はこの漫画のラストであのFOGHATのLIVEバージョンが聞こえました。

そのLIVEについては続きを読んでね。

LiveLive
(1990/10/25)
Foghat

商品詳細を見る

Live IILive II
(2007/06/26)
Foghat

商品詳細を見る


上が私が高校時代に聞いてた「LIVE」!
今は亡きロンサム・デイブ・ペーブレットの雄たけびは今も頭に中に鳴り響いてますぜ!

下は最近発売された「LIVEⅡ」!!
MySpaceでFool For The Cityを動画も有るよ!残念ながらⅡのバージョンだけど。
http://profile.myspace.com/index.cfm?fuseaction=user.viewprofile&friendID=114617349
スポンサーサイト

電波系より電気系

稲妻のNAZARETH電撃のFOGHATこの2大バンドは結構ヘビメタ世代に受けが悪いので好きだというと歳がばれるわけだけども2バンドともライブ強いので特にFOGHATは全盛期のフィルムがないのが残念。
 その漫画読んだことはないけども大学の時この漫画を読んで聴きたくなった人が3人いてレコードを貸したことがありますが3人ともイメージが違うという返答だったので多分漫画とシンフォニックのベクトルが一番ずれていた時代だったのでしょう。まああのころはレコードの最盛期なのでこちらも漫画にかまっている暇はなかったのですが。

シンフォニック?

その聞きたくなった人たちは、漫画を読んでシンフォニックな音が出てくると思ったのだろうか?

プログレの方が強かった時代

 私も当時その辺のところは追及しなかったので不明ですがあの時代なので多分FOGHATがシンフォニック過ぎて受け入れられなかったのだろう。とにかく元号が変わるまではシャープで無機質な音が優先されたので血の気がたぎるようなシンフォニックは敬遠されていた。レコードの世界も同様でこちらの欲しい音やアイテムはなかなか理解してもらえなかった。完全にヨーロッパのものが入ってこなくなる95年以降はこちらの買うものがあまりにも突拍子もないものになるので理解に苦しまれるようになるのですが。

FOGHATのLIVE

懐かしいです。LIVEのベースの動きが特徴的でした。ギタリストは寡黙なステディイメージが強いです。
VOCALIST死んじゃったのですか?知らなかったです。
SWEETのブライアンしかり 早死にですね

そうです。

>ぶっこみハム太郎さん
そうでしたね。プログレというか、シンフォニックという言葉が浸透し始めた頃で、私は俗にシンフォニックと呼ばれえる類の物が余り好みではなかったので、放置していたらオーソドックスな物あるいはストレートなものは輸入さえされなくなりましたね。日本にいると特に南米のごつごつしたものは、当時皆無でしたね。

>ROCKINDさん
FOGHATのLIVEには、やられましたよね。ボーカルのデイブだけではなく確かギターのロッドプライスもすでに故人だったはずです。スイートも当時聞きまくりましたよ。

コメントの投稿





管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://tarusworld.blog102.fc2.com/tb.php/43-73ed5d6a

 | HOME | 

プロフィール

たる

Author:たる
たる’sわ~るどの嗜好物日記へようこそ!
さまざまなジャンルのお気に入りを紹介しています。

ヤフオク出品中


にほんブログ村 音楽ブログ 洋楽へにほんブログ村 アニメブログへにほんブログ村 漫画ブログへ
にほんブログ村のランキングに参加しています。見ていただけたらバナーをクリックお願いします。
HMVジャパン
HMVジャパン

ブログパーツ

【ニコニコミュニティ】ロケット燃料★2525の生放送 「咲-Saki-」アニメスペシャルサイト

カテゴリー

月別アーカイブ

最近の記事

最近のコメント

ブロとも申請フォーム

Twitter

カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

ブログ内検索

FC2カウンター

FC2カウンター

現在の閲覧者数:

RSSフィード

リンク

最近のトラックバック

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。