音楽を中心にジャンルに囚われず。漫画、アニメ、グルメなど気に入った物を紹介していきます。

  たる’sわ~るどの嗜好物日記のナビゲーター   トップページ > スポンサー広告> 漫画 > かしまし~ガール・ミーツ・ガール~  

スポンサーサイト

-- - --/-- [--] - --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

かしまし~ガール・ミーツ・ガール~

2007 - 05/26 [Sat] - 21:03

かしまし~ガール・ミーツ・ガール 1 (1) (電撃コミックス)かしまし~ガール・ミーツ・ガール 1 (1) (電撃コミックス)
(2005/01/27)
あかほり さとる

商品詳細を見る


主人公のはずむは植物を愛する心優しい男の子、あこがれの やす菜に告白して拒絶された日、山で宇宙船との事故に合い蘇生された際なぜか女の子になってしまい・・・
まあ、物語の始まりはこんな感じ、男の子が女の子になってしまうドタバタを中心に人を愛することの苦悩と喜びを描いた学園コメディ!

男の子が女の子になってしまうパターンの物語といえば、古くは漫画で「ボクの初体験」、「フィメールの逸話」や映画で「転校生」(そういえばモー娘。の吉澤他の出演でテレビドラマもあったなあ)とか思い出しますね。

以下ネタばれ含みます。

この3作は男の子と女の子の人格(脳や魂)が入れ替わってしまう内容だが、「かしまし~ガール・ミーツ・ガール~」は男の子が科学の力で性転換されてしまうところが少し違う。

このような物語はたいていは最後に男の子に戻れてハッピーエンドというのがパターンのようだが「フィメールの逸話」同様主人公は女のこのままである。
しかし、「フィメールの逸話」は性同一性障害とでもいうべきトラウマ(好きな男の子のために女の子になりたかった)を抱えた男の子なので女の子でいることが自然だった?はずむは正真正銘の男の子なので、恋愛の対象は二人の女の子やす菜とまりである。
見た目は女の子同士の恋愛ということになるのだが、はずむは男の子の持つ一番男らしくない部分(優柔不断で女々しい)が表現されてて、すこし自分と重なって見えた(本来男は見栄っ張りなのでこういうところは強がって隠しているものなんだ)が女の子になったことでそこら辺があまりいやらしく感じないようになっている。有る意味男と女のTRUE LOVE STORY!なんだな。

さて、コミックス3巻までは、女の子になったことで起こるいろいろな事件やドタバタを描いた学園コメディとして進んでいくが、3巻の最後ではずむが女の子になってしまった理由が明かされ物語は急転直下重苦しい雰囲気のままラストまで引っ張っていく。

結局はずむは自分が本当はどちらを愛しているのか、一生を共にしたいのはどちらなのか自分を見つめなおしていく

これ以上は本当にネタばれになるので、かけませんがこの漫画、先にも書いたように女の子同士の恋愛を描いているようで実は男と女のTRUE LOVE STORY!です。興味をもたれた方は一度お読みください。

ちなみにアニメ版もありますが、原作漫画とは違った内容になっています。アニメ版の前半部分はとてもいいですが・・・

かしまし~ガール・ミーツ・ガール 2 (2) (電撃コミックス)かしまし~ガール・ミーツ・ガール 2 (2) (電撃コミックス)
(2005/09/27)
あかほり さとる

商品詳細を見る

かしまし~ガール・ミーツ・ガール 3 (3)    電撃コミックスかしまし~ガール・ミーツ・ガール 3 (3) 電撃コミックス
(2006/02/27)
あかほり さとる

商品詳細を見る

かしまし~ガール・ミーツ・ガール 4 (4) (電撃コミックス)かしまし~ガール・ミーツ・ガール 4 (4) (電撃コミックス)
(2006/10/27)
あかほり さとる

商品詳細を見る

かしまし~ガール・ミーツ・ガール 5 (5) (電撃コミックス)かしまし~ガール・ミーツ・ガール 5 (5) (電撃コミックス)
(2007/05/26)
あかほり さとる

商品詳細を見る
スポンサーサイト

TV漫画は淡白な造り

原作はやす菜ちゃんととまりちゃんとの地獄万力でドロドロの展開なわけですね。TV漫画の方は中盤あたりから早々に主人公の男性恐怖症の方の子への”LOVE"の感情が”SYMPATHY"にすり替わってしまいけっこう淡白な展開です。
 しかしながらこの”SYMPATHY"という感情は結構曲者でお昼のドラマによると馬鹿な女がこの感情をもって好きでもない男と別れずにいると新たなる不幸への扉が開いてしまうのです。頭ではわかってはいても体の方は好きな男の体を求めてしまい朝帰りしたところを嫉妬に狂った夫のドメスチックバイオレンスに...といった具合です。
 で、今のお昼のドラマなのですがMOODY BLUESのメロトロンの使い方と同じくらい「濡れ場」が垂れ流しなのでやたら外人受けしまっくていますがこの前の金曜の放送終了間際にヒロインの片割れがレスビアン愛好者であることが発覚してますます目が離せない展開に...
 まあお昼のドラマはTRUE LOVE STORYではないから面白いものの典型のような気がします。

さすがに見方がするどい!

ドロドロ展開とはちょっと違いますね。やす菜ちゃんととまりちゃんがはずむを取り合うのではなく選ばせるという展開かな。
アニメも少しドロドロ場面がありましたが、結末はやす菜の病気という設定をキーにかなり淡白というかあっさり結論を出させました・・・がOVAでこれまたあっさりと・・・

お昼のドラマもドロドロ、ぐちゃぐちゃ、エロエロですね。まあ、見れる時間に家にいないので見たことは無いですがすごい展開ですね。

コメントの投稿





管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://tarusworld.blog102.fc2.com/tb.php/19-e9b7036e

 | HOME | 

プロフィール

たる

Author:たる
たる’sわ~るどの嗜好物日記へようこそ!
さまざまなジャンルのお気に入りを紹介しています。

ヤフオク出品中


にほんブログ村 音楽ブログ 洋楽へにほんブログ村 アニメブログへにほんブログ村 漫画ブログへ
にほんブログ村のランキングに参加しています。見ていただけたらバナーをクリックお願いします。
HMVジャパン
HMVジャパン

ブログパーツ

【ニコニコミュニティ】ロケット燃料★2525の生放送 「咲-Saki-」アニメスペシャルサイト

カテゴリー

月別アーカイブ

最近の記事

最近のコメント

ブロとも申請フォーム

Twitter

カレンダー

06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

ブログ内検索

FC2カウンター

FC2カウンター

現在の閲覧者数:

RSSフィード

リンク

最近のトラックバック

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。