音楽を中心にジャンルに囚われず。漫画、アニメ、グルメなど気に入った物を紹介していきます。

  たる’sわ~るどの嗜好物日記のナビゲーター   トップページ > JAZZ/FUSION  

スポンサーサイト

-- - --/-- [--] - --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

John Abercrombie with Jan Hammer and Jack DeJohnette/Timeless

2007 - 06/23 [Sat] - 08:58

TimelessTimeless
(2000/04/11)
John Abercrombie with Jan Hammer and Jack DeJohnette

商品詳細を見る

いきなりギターとハモンドのバトルで始まるあまりにもかっこいいアルバム。

このトリオは私にとって最強のメンバー!このアルバムはいつ聞いても興奮する。

ヤンハマーにしては珍しくハモンドオルガンを引き倒していて、かなり攻撃的。アーバンクロンビーの音色もエフェクティブな音色を匠に使い分けジャズギタリストというよりロックギタリストに近い。デ・ジョネットのドラムは派手で攻撃的。

ジャズファンよりもプログレッシブロックファンに是非聞いてもらいたいアルバムだぁ!

スポンサーサイト

Jonas Hellborg

2007 - 05/30 [Wed] - 21:02

PersonaePersonae
(2002/03/11)
Jonas Hellborg & Shawn Lane

商品詳細を見る

Temporal Analogues of ParadiseTemporal Analogues of Paradise
(2003/05/13)
Jonas HellborgShawn Lane

商品詳細を見る


もう10年以上も昔、Jonas Hellborgにはまってた時代があった。ロック(ヘビーメタル)とジャズの間を行き来し実験的なアルバムをたくさん残してきた。ソロはもちろんバンド形式でも元シルバーマウンテンのドラムとキーボード(後のイングヴェイバンド)のヨハンソン兄弟と作ったキーボード(ハモンドオルガン中心)トリオとかベース×2+ドラムのトリオとかあまり他に類を見ない編成でアルバム製作をしていた。

その頃と比べると結局ギタートリオに落ち着いたようだが、音楽自体はなかなかの変態ぶりである。しかし超絶ギターを聞かせてくれているギタリストはすでに他界したようですが、Jonas Hellborg自身は新生マハビシュヌオーケストラで活躍?だそうです。

Barre PHILLIPS/Mountainscapes

2007 - 04/30 [Mon] - 16:48

マウンテンスケイプスマウンテンスケイプス
(1999/10/01)
バール・フィリップス

商品詳細を見る


このTHE TRIOのメンバー+αで録音されたこのBarre PHILLIPSのリーダーアルバムは、私の精神安定剤的な役割を担うアルバムでもある。
内容を知っている人はなんで?と思われると思うが、実際そうなんだから仕方がない。

さて、1曲目から別世界へといざなってくれるバリトンサックスのソロ。奈落のそこへ落とされるような無秩序な演奏に不安感をあおるシンセの冷たい響き、精神によくないようなこの音の洪水に安堵感を覚えるのは私が精神的に不安定だからだろうか。

なんてね!!!

でも、演奏もすごいし、下手なハードロックやパンクよりも攻撃的でロックを感じる。個人的にはメタリカやREDの頃のクリムゾン(8曲目はモロ)と同位置で聞ける唯一のJAZZアルバム。

曲目
1. マウンテンスケイプ1
2. マウンテンスケイプ2
3. マウンテンスケイプ3
4. マウンテンスケイプ4
5. マウンテンスケイプ5
6. マウンテンスケイプ6
7. マウンテンスケイプ7
8. マウンテンスケイプ8

ちなみに8で参加しているジョン・アーバンクロンビーというギタリストのソロもマイフェイバリットです。

TRIO BEYOND/Saudades

2007 - 04/29 [Sun] - 21:35

サウダージズ~トニー・ウィリアムスへのオマージュサウダージズ~トニー・ウィリアムスへのオマージュ
(2006/06/07)
トリオ・ビヨンド

商品詳細を見る


サブタイトルにあるようにトニー・ウィリアムスへのトリビュートアルバムである。

実は私自身もトニー・ウィリアムス・ライフタイムがフェイバリットで、トニーはそのぎりぎりまで高音でチューニングを行ったツインバスドラの特異な演奏スタイルもさることながらジャズ畑にいながら非常に攻撃的なロックに近づいた音楽性で後のジャズロックからフュージョンへ至る石杖となった功績も大きく、あのマイルス・デイビスの「ビッチス・ブリュー」のセッションのひとつの結果であり、マハビシュヌ・オーケストラへの布石ともなったアーティストである。

本作は、そのライフタイムを中心にしたトニーの楽曲とトニーにささげられたオリジナルが収められている。

メンバー
J・ディジョネット  ds
J・スコフィールド  g
L・ゴールディングス org

さて、トニーもさることながらJ・ディジョネットも私のフェイバリットアーティストである。

収録曲
ディスク:1
1. イフ
2. アズ・ワン
3. アラー・ビー・プレイズド
4. サウダージズ
5. ピー・ウィー
6. スペクトラム
ディスク:2
1. セヴン・ステップス・トゥ・ヘヴン
2. アイ・フォール・イン・ラヴ・トゥ・イージリー
3. ラヴ・イン・ブルース
4. ビッグ・ニック
5. エマージェンシー

 | HOME | 

プロフィール

たる

Author:たる
たる’sわ~るどの嗜好物日記へようこそ!
さまざまなジャンルのお気に入りを紹介しています。

ヤフオク出品中


にほんブログ村 音楽ブログ 洋楽へにほんブログ村 アニメブログへにほんブログ村 漫画ブログへ
にほんブログ村のランキングに参加しています。見ていただけたらバナーをクリックお願いします。
HMVジャパン
HMVジャパン

ブログパーツ

【ニコニコミュニティ】ロケット燃料★2525の生放送 「咲-Saki-」アニメスペシャルサイト

カテゴリー

月別アーカイブ

最近の記事

最近のコメント

ブロとも申請フォーム

Twitter

カレンダー

10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -

ブログ内検索

FC2カウンター

FC2カウンター

現在の閲覧者数:

RSSフィード

リンク

最近のトラックバック

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。