音楽を中心にジャンルに囚われず。漫画、アニメ、グルメなど気に入った物を紹介していきます。

  たる’sわ~るどの嗜好物日記のナビゲーター   トップページ > HEAVY METAL  

スポンサーサイト

-- - --/-- [--] - --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

HOLY GRAIL

2010 - 09/26 [Sun] - 20:05

Improper BurialImproper Burial
(2010/05/31)
Holy Grail

商品詳細を見る


アルバム先行シングル。80年代型メタルを継承したスタイル。JUDAS PRIESTのExciterとACCEPTのFast As A Sharkのカバーを含む4曲いり。

Crisis in UtopiaCrisis in Utopia
(2010/10/25)
Holy Grail

商品詳細を見る


WHITE WIZZARDのヴォーカル、ギター、ドラムの3人が中心となって結成されたバンド待望のデビューアルバム。現時点ではまだリリース前だけどシングルの出来がよかったから早めにご紹介します。

80年代型といってもスピード感やテクニックは、今を生きるバンドらしく当時をはるかに凌駕しております。ザクザクと切り込んでくるリフにハイトーンのボーカルが乗っかるところはINTRUDER辺りを髣髴させます。

10月20日発売の日本盤アルバムには、シングルCD収録の先のカバー2曲がボーナス・トラックとして収録されます。ただ、輸入盤の値段ならシングルとアルバム買っても日本盤買うより安いですが・・・

MySpace
↑アルバム収録曲が聴けます。想像以上によさそうです。

動画


輸入盤CD


輸入盤アナログ7インチ


日本盤CD


今後が期待のニューバンド今から発売が待ち遠しいです。

スポンサーサイト

GALNERYUS/Resurrection

2010 - 08/26 [Thu] - 11:55

RESURRECTIONRESURRECTION
(2010/06/23)
GALNERYUS

商品詳細を見る


まさかこの人がこのバンドに入るとは、思いもよらなかった。

小野正利がGALNERYUSに正式加入!

そうあの「You're The Only」の大ヒットで知られるあの人が、プログレッシブでパワー溢れるメタルバンドGALNERYUSに正式参加してアルバムを出してしまっていたのだ。



無茶苦茶はまっているというか、カッコイイではないか!まさしく本領発揮ですよ。

80年代初期からメタルバンドに参加したり、最近ではゲーム音楽やアニメ関係でメタル的な楽曲を歌ったりメタルのイベントに参加したりしていた小野氏だけど、本格的にメタルバンドに加入となるとこれは応援せずにはいられない。ましてやGALNERYUSは結構注目していたバンドだっただけに今後の活躍に期待せずにはいられませんなぁ!!

個人的な好みの問題ですが、どちらかというとヴィジュアル系バンドの歌い方だった前任者よりストレートなハイトーンの小野氏の方がバンドに合っていると思います。

で、やっぱりこの曲もやってしまっているわけでなんというか・・・ただ、アルバムには収録されてませんが・・・







小野正利参加以前のベストアルバム2種

VAN CANTO/Tribe of Force

2010 - 02/09 [Tue] - 14:56

トライブ・オヴ・フォーストライブ・オヴ・フォース
(2010/03/24)
ヴァン・カント

商品詳細を見る


このバンド?を初めてYOTUBEで観たとき衝(笑?)撃が走った。

世界初のアカペラメタルバンド。ドラム+5人の声で表現される音楽はなんとヘビーメタル。

実は、ハモネプのブーム以降のアカペラに嫌悪感を抱いていたのだけど、その理由のひとつにボイスパーカッションが性に合わないというか、どうしてもリズムボックス的な感覚というか音から抜け出せないことにいらだっていたというか・・・それをドラムを入れることで解消し、メタルという音楽を表現することに成功した彼らの音楽はアカペラ云々を抜きにしてすんなり受け入れられた。

彼らの力量を思い知るのが実は口ギター?である。ギターの音色を声で表現している姿は、動画を見ないとにわかに信じがたいものがあって、面白いを通り過ぎてすげェの位置まで到達してしまった。

まずはMETALLICAのカバー


Stratovariusのカバー


オリジナルソングもあるが、やはりカバーを聞くことで、逆に彼らの力量がわかるという特異なバンドでもある。



現在3枚のCDが日本でも発売予定。

PHARAOH/Be Gone

2009 - 11/15 [Sun] - 21:20

Be GoneBe Gone
(2008/07/15)
Pharaoh

商品詳細を見る


アメリカンパワーメタルの救世主とでも呼べる非常にクオリティの高いバンド。

アルバムを発表するごとに高度に進化していく姿は、今のDREAM THEATERよりもプログレッシブと言える。特によりパワフルにより複雑によりドラマティックに進化したこの3rdアルバム「Be Gone」はパワーメタルファンにもプログレッシブメタルファンにも受ける要素満載 !



今まで3枚のアルバムを発表。それぞれがその時点での最高傑作と言える。

HAMMERFALL/Masterpieces

2008 - 07/07 [Mon] - 17:30

MasterpiecesMasterpieces
(2008/07/22)
Hammerfall

商品詳細を見る


北欧のメタルバンドが今まで発表してきたカバーソングに新録4曲を加えた構成のアルバム。まあ、80年代のメタルソングが中心だが、かなりマニアックで、80年代にメタルをリアルタイムでマニアックに聞いてきたものにとっては思わずにんまりしてしまう内容。

確かアイアンメイデンが、シングルのB面やボーナストラックなどに70年代のカバーを収めていたがあれと同じ発想の80年代番といったところかな。

個人的には1曲目のWARLORD、4曲目のPRITY MAIDS、5曲目のHHELLOWEEN、6曲目のRAINBOW、13曲目のKISS、14曲目のLOUDNESSあたりに無条件に反応したが、16曲目のRIOTはあまり聞かなくなっていた時代の曲だが、改めて提示されるとこの頃の音を聞いてみたくなった。



1曲目WARLORDのChild of the Damnd

SCORPIONS/LIVE AT WACKEN OPEN AIR

2008 - 02/16 [Sat] - 21:15


ライヴ・イン・ヴァッケン:時空を越えた奇跡の一夜 [DVD]ライヴ・イン・ヴァッケン:時空を越えた奇跡の一夜 [DVD]
(2007/12/26)
スコーピオンズ

商品詳細を見る


正直個人的には過去のバンドになっていたスコーピオンズであるが、このDVDをAmazonでみて、その紹介文に惹かれて即購入してしまった。

これは2006年恒例のメタルフェス‘WACKEN OPEN AIR'での映像だが、この日は歴代のギタリストが顔をそろえる特別なステージでウリ・ジョン・ロート、マイケル・シェンカーとの競演ステージである。

やっぱりウリとのステージは強烈で6曲目で高校生のときラジオ一発でノックアウトされた「幻の肖像」が聞けるのがもの凄くうれしい。さらにそれに続くのが駄目押しの「スピーディーズカミング」である。最近の曲はほとんどなし、往年の名曲のオンパレードは、正直感激の嵐だった。

それにしても「LOVEDRIVE」は、完全に80年代のヘビーメタルのスタイルをすでに確立していたんだなと思うとやはり凄いバンドだったんだと改めて思う。

さて、私は79年の再来日時にマイケルが加入して日本に来ると言うことで来日公演を見に行ったが、きたのは現ギターのマティアス・ヤブスだったという落ちだった。でも、この日の公演も凄かったしマティアスのギターが只者でないことも発見できて記憶にのこるステージだったよ。

あと84年のスーパーロックでも見たな。



さて、続きのページにものすごい映像が・・・

続きを読む »

BULLET FOR MY VALENTINE/Scleam Aim Fire(08/02/02記事追加)

2008 - 01/28 [Mon] - 23:53

スクリーム・エイム・ファイア-来日記念!デラックス・バージョン(DVD付)スクリーム・エイム・ファイア-来日記念!デラックス・バージョン(DVD付)
(2008/05/07)
ブレット・フォー・マイ・ヴァレンタイン

商品詳細を見る


メタリカにアイアンメイデンをプラスしモダンなオルタナティブ色とデスボイスを振りかけたメタルバンドのセカンド。
このアルバムではデスボイスはかなりなりを潜めていて、かなり聞きやすいアルバムになっている。

個人的にギターのリフがNWOBHM時代を髣髴させ・・・ブリティッシュバンドだからか?・・・懐かしい感覚もある。しかし、ドラムが独特のグルーブ感を持っているところが非常に面白い。

曲調はスラッシーだが、ツインリードのリフがメロディアスに絡みハオトーンボイスを幾重にも重ねたようなハーモニーが心地よく。時折デスボイスがいいアクセントになっていてあきさせない。

08/02/02追記
日本盤ボーナストラックの'No Easy Way Out'はロッキー4に使用されヒットした?Robert Tepperのカバーこんな曲をまさかカバーするとは思ってなかったので原曲を知っている者にとってはちょっとした感激感動がありました。



続きに1stと2ndのタイトルソング(08/02/02追加)の映像が・・・

続きを読む »

MOTHER'S FINEST/Live at Villa Berg (Right Here, Right Now)

2007 - 10/24 [Wed] - 21:20

Live at Villa Berg (Right Here, Right Now)Live at Villa Berg (Right Here, Right Now)
(2006/12/18)
Mother's Finest

商品詳細を見る

70年代から活躍しているブラック・ファンク・ハードロックバンド。最新のLiveアルバム。

微妙にサイケハードロックとソウルミュージックが溶け合った幻の1stから30年以上、時にはハードロック寄りに時にはブラックミュージック寄りに右往左往していた感じがあるが、こうやって集大成的なLiveアルバムを聞いてみるとその個性が今になって結実した感がある。

80年代~90年代には完全にメタル化したアルバムを数枚出したりカラフルなソウルミュージックのアルバムを出したりしていたが、今まで聞いてきたどのアルバムよりも(1stは特別)その音楽性がしっくりとくる素晴らしいアルバムだ。

例のZEPをパクッた曲も入っているし、ゲーリームーアやストーンズ、ステッペンウルフの楽曲もやっている等のお楽しみもある。

新曲のスタジオ録音も4曲収録。



ハードロックファンが聞ける?アルバムを並べてみました。メタルアルバムもあるのですが廃盤で見つかりませんでした。左から2番目は80年代初頭完全にハードロック化した傑作アルバムです。その右はZEPのカスタードパイそっくりなリフを持つ曲が聞けます。下は30年前のLIVEアルバムです。

例のごとく続きを読む以降に動画を貼ってあります

続きを読む »

Ari KOIVUNEN/Fuel For The Fire

2007 - 10/04 [Thu] - 21:32

ari

フュエル・フォー・ザ・ファイアー フュエル・フォー・ザ・ファイアー
アリ・コイヴネン (2007/10/24)
ソニーミュージックエンタテインメント

この商品の詳細を見る


7月に東京へ行ったときに購入したCDだが、ようやく日本発売が決定したのでここで紹介。

このCDを購入したきっかけはボーナスCDに収録されたビリージョエルの「PIANO MAN」のカバーが聞きたかっただけだった。この曲はマイベスト3に入るフェイバリット曲。イメージを壊さずに歌い上げているのでとても満足している。

ほかの曲もさすがフィンランド出身ということもあり北欧のメロディアスハードで悪くない。

なんか、アイドル発掘番組で勝ち抜いてデビューしたらしいね。
音源と映像は続きを読む以降

続きを読む »

Victim of the Spotlight/WHITE WOLF

2007 - 07/28 [Sat] - 09:57

Victim of the SpotlightVictim of the Spotlight
(2007/08/21)
White Wolf

商品詳細を見る


カナダのメロディアスハードロックバンドWHITE WOLFの再結成作品で日本先行発売!

デビュー作にはシングルヒットがあって、そこそこ名が知れた存在だったけど、アルバム全体としてはまだまだな印象だった。あまり期待しないで聞いた彼らのセカンドに私は衝撃を覚えたのを今でもはっきり覚えていますよ。メロディアスでキャッチーでMAGNUMのカバーも含むそのアルバムはマイフェイバリットの一枚となりました。

さてこのアルバムもさすがの出来ですね。カナダのバンドと思えないくらいヨーロッパの香りがします。

音はここで確認してね!
http://www.myspace.com/whitewolfquotofficialquot

続きを読む »

 | HOME |  »

プロフィール

たる

Author:たる
たる’sわ~るどの嗜好物日記へようこそ!
さまざまなジャンルのお気に入りを紹介しています。

ヤフオク出品中


にほんブログ村 音楽ブログ 洋楽へにほんブログ村 アニメブログへにほんブログ村 漫画ブログへ
にほんブログ村のランキングに参加しています。見ていただけたらバナーをクリックお願いします。
HMVジャパン
HMVジャパン

ブログパーツ

【ニコニコミュニティ】ロケット燃料★2525の生放送 「咲-Saki-」アニメスペシャルサイト

カテゴリー

月別アーカイブ

最近の記事

最近のコメント

ブロとも申請フォーム

Twitter

カレンダー

06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

ブログ内検索

FC2カウンター

FC2カウンター

現在の閲覧者数:

RSSフィード

リンク

最近のトラックバック

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。